日本からネットショップで中国に展開できるUCモール!決済・翻訳も安心です。


by ucj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:★ニュース( 63 )



  【定点調査】中国消費者の徹底調査-テレビ編06年09月(1)

  中国の消費者に所有しているテレビの台数を尋ねたところ、「2台」が43.5%で最も多く、以下「1台」(41.7%)、「3台以上」(12.5%)の順となった。前回2005年9月の調査と比較すると、「1台」が5.8ポイント増加。一方、「2台」と「3台以上」はそれぞれ減少した。また、「持っていない」との回答は全体の2.2%で、所有率は97.8%となった。

  サーチナ総合研究所では、中国消費者のテレビに対する意識を探る調査を年に1回実施しており、今回は第2回目となる。調査は新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)を通じて06年9月13-20日に行われ、北京市、上海市、広東省を中心とする中国全土のモニター1500人から有効回答を得た。

  2台以上所有しているとの回答は、地域別では上海市が多く、全体の約7割を占めている。世代別では「50代以上」、月収別では「6000元以上」が最も多く、全体としては世代や月収が高くなるにつれて、複数台数所有者の割合も高くなっている。


  所有するテレビのサイズでは、「21-30インチ」が39.4%で最多となった。その一方で、前回の調査との比較では、「31-35インチ」が3.0ポイント増、「36-40インチ」が5.0ポイント増となっており、月収3000元以上の高所得層を中心に、所有するテレビの大型化の動きが強まっている。


2006/10/16(月) 18:42:41更新

ニュースのURL:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1016&f=research_1016_001.shtml
[PR]
by ucj | 2006-10-24 11:29 | ★ニュース
【定点調査】中国消費者の徹底調査-デジタルカメラ編06年09月(1)

  中国の消費者にデジタルカメラを所有しているかを尋ねたところ、所有していると回答したのは全体の84.7%で、前回2006年3月の調査より1ポイント減少した。所有しているデジタルカメラのタイプでは、「通常のデジタルカメラ」が73.6%で最も多く、以下「デジタルビデオカメラ」(18.4%)、「一眼レフデジタルカメラ」(7.8%)となった。

  サーチナ総合研究所では、中国消費者のデジタルカメラに対する意識を探る調査を半年に1回実施しており、今回は第6回目となる。調査は新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)を通じて06年9月13-20日に行われ、北京市、上海市、広東省を中心とする中国全土のモニター1500人から有効回答を得た。

  所有台数で最も多いのは「1台」(67.1%)で、続いて「2台」(15.5%)、「3台以上」(2.1%)となった。全体の割合は前回調査とほぼ同じだが、「3台以上」が0.7ポイント増とわずかながら増加している。複数台を所有している消費者が多かったのは、地域別では北京市と上海市で、どちらも全体の2割以上となった。また、月収別では「4000-5999元」で25.7%、「6000元以上」で35.2%となるなど、高所得層ほど複数台所有者の比率が高くなる傾向が明らかになった。

  通常タイプのデジカメ所有者をみると、世代別では「10代」が63.9%となっており、唯一7割を下回っている。一方、デジタルビデオカメラの所有者は「10代」が29.4%で最も多く、こちらは世代が高くなるにつれて減少する傾向にある。また、「一眼レフデジタルカメラ」は世代別では50代以上、月収別では4000元以上で10%を上回っており、高所得の中高年層を中心に支持を集めている。

  写真は、ニコンが8月17日に香港で開催した新製品「D80」の発表会。プロのカメラマンを招待して実際に使用してもらい、カメラ内で多彩な編集ができる画像編集メニューを新搭載したことなどを紹介した。(編集担当:堀内躍史)
[PR]
by ucj | 2006-10-10 11:48 | ★ニュース

  経営戦略コンサルティングを行う米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が19日に発表した報告書によると、100万ドル以上の資産を持つ中国人ミリオネアは25万人に達するという。25日付で法制晩報が伝えた。

  報告書によると2005年末の時点で世界全体のミリオネアは約720万人で、中国人ミリオネアは約3.47%に当たる。このほか米国に300万人、ヨーロッパに200万人のミリオネアがいる。

  現在のところ、中国を含めたBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)ではミリオネアが毎年平均で11%のペースで増えている。このうち中国とインドのミリオネアが保有している資産総額は2010年までに倍増する見通しだ。

  なお8月に開催されたフォーラムでは「中国人ミリオネアは30万人」との見解が示されていた。(編集担当:菅原大輔)

ニュースのURL:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0928&f=business_0928_002.shtml
[PR]
by ucj | 2006-09-29 14:56 | ★ニュース
「新秦調査」中国生活者の徹底調査-携帯電話編06年5月(5)

  中国の消費者に第3世代(3G)携帯電話に対する興味の度合いを聞いたところ、「よく知っている」が15.7%だったのに対し、「興味はあるがよく知らない」が前回2005年11月の調査より3.9ポイント増の78.3%に達した。年内にもライセンス発行が始まる可能性がある3Gだが、一般市民の認知度はまだまだ低く、購入についても慎重派が多い。

  サーチナ総合研究所では、中国消費者の携帯電話意識を探る調査を半年に1回実施しており、今回は第7回目となる。調査は新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)を通じて2006年5月19-24日に行われ、北京市、上海市、広東省を中心とする中国全土のモニター1800人から有効回答を得た。

  3Gサービスを「よく知っている」と答えた人は、収入別では「月収6000元以上」が33.5%と最も多く、世代別では「10代」、地域別では「北京市」が最多だった。また、「興味があるがよく知らない」は、地域別では「広東省」が最小だった。

  3Gサービスを利用してみたいかとの質問に対しては、「利用はしてみたいが状況をみて判断する」が前回から7.9ポイント増の77.0%と最も多く、「サービス開始次第利用したい」は前回とほぼ同じ19.4%、「2G、2.5Gを支持する」は微減の2.1%となった。所得別では、月収が高くなるにつれて「利用はしてみたいが状況をみて判断する」と「サービス開始次第利用したい」の差が縮まっており、所得の高い層ほど3Gサービスに対して積極的であることが明らかになった。

  また、どの通信方式を利用したいかを聞いたところでは、「中国移動が進めているW-CDMA」が最多で52.4%となった。「中国の独自規格であるTD-SCDMA」は10.4%にとどまった。ちなみに、「それぞれの違いがよく分からない」が前回から6ポイント増の22.8%となっていることからも、通信規格自体については認知度が比較的低いことが分かる。

  3Gサービスの具体的な興味対象については、「テレビ電話」が74.6%と最も多く、「データ通信」(63.2%)「GPSローミングサービス」(43.8%)と続いた。過半数がこれら3つのサービスを支持しているのは、収入別では「月収6000元以上」、地域別では「遼寧省」となっている。

  競争がますます激しくなる香港では、モデルを起用してさまざまなキャンペーン活動が繰り広げられており、写真のような光景を見かける機会も多い。(編集担当:堀内躍史)

■ニュースのURL:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0901&f=research_0901_001.shtml
[PR]
by ucj | 2006-09-06 11:16 | ★ニュース
中国の一般消費者による「両親と子供との距離、老後について」の考えを探るため、サーチナ総合研究所は、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)が運営する「新秦調査」消費者モニターを通じてインターネット調査を実施した。調査期間は2005年11月25日から12月16日まで。北京市、上海市、広東省、遼寧省、四川省を中心に、一般消費者男女2000人から有効回答を得た。以下は調査結果のサマリー。

普段家族と一緒に食事をするかと聞いたところ、両親や子どもと同居している中国の一般消費者の8割が「よくする」と答えた。食事は家族団らんの根本との考え方が強く、家族重視の傾向が読み取れる。しかし、属性別にみていくと、そんな意識にも温度差があることが分かった。

地域別では、広東省で「よくする」が8割となったが、北京市及び上海市で8割を切っている。収入別では、収入が増えるほど「よくする」が少なくなっている。また年齢別でも、年齢が若い人ほど「よくする」が少いことが分かる。

ニュースURL:http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/china/market/060830_kazoku/
[PR]
by ucj | 2006-09-01 14:05 | ★ニュース
中国の一般消費者による有料スポーツジムの活用と美容整形の考え方を探るため、サーチナ総合研究所は、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)が運営する「新秦調査」消費者モニターを通じてインターネット調査を実施した。その結果、有料スポーツジムの利用が一般的な行動になってきたことや、美容整形に75%が理解を示していることなどが明らかになった。

調査期間は2005年12月16日から12月31日まで。北京市、上海市、広東省、遼寧省、四川省を中心に、一般消費者男女2000人から有効回答を得た。以下は同調査結果のサマリー。

有料ジム:北京・上海で積極的、1カ月1回程度行く
中国の一般消費者に対して健康や美容のために有料のスポーツジムに行っているかどうかについて聞いたところ、世代別では、20-30代の若い層に人気があることが分かった。ジムに通わない人のなかでは、費用や時間などを通わない理由に挙げるケースが目立った。

また、男性よりも女性がジム通いに積極的であることが分かった。地域別では、広東省が少なく、北京市や上海市、遼寧省などでは相対的に多いといえよう。「通っている」は収入が増えるにしたがって多くなっている。

有料ジムに通う頻度は、男性では「半年に1-5回」「1カ月に1-2回」が多く、女性では「1週間に1-2回」と「1年に1-5回」に分かれた。

広東省では有料ジムに対する関心は概して低く、頻度も「1年に1-5回」が最多。一方、北京市や上海市では「1カ月に1-2回」が多い。月収6000元以上の富裕層では「1週間に1-2回」が最多。また40代では「1カ月に1-2回」が最多となった。

有料ジムに通わない人の理由を聞くと、「費用が高いから」「時間がないから」「通うのが面倒だから」の順で多くなっているが、月収6000元以上の富裕層では「通うのが面倒だから」が最も多く、続いて「時間がないから」「費用が高いから」という順になった。月収3000-3999元の中間層や30代では「時間がないから」が最も多い。

ニュースHRL:http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/china/market/060823_biyou/
[PR]
by ucj | 2006-08-24 14:09 | ★ニュース
ポータル大手らが4~6月期の業績を相次いで発表している。同期、新浪(SINA)の営業収入は5370万ドル。このうち広告収入は1~3月期より33%増の2950万ドルに達した。搜狐(SOHU)の営業収入は3410万ドル。広告収入は前年同期より35%増となった。検索エンジン大手の百度(BAIDU)の営業収入は2400万ドル、広告収入が圧倒的多数を占めている。SOHUの張朝陽CEOが「今後のポータルサイトは広告を中心に利益をあげていく」との認識を示しているように、SOHUのワールドカップ関連広告収入は200万ドルに上った。ブロードバンドユーザが増えており、動画をはじめとするリッチコンテンツを使用した広告の将来性も高く評価されている。【経済日報 2006年08月09日】

■ニュースのURL:http://www.nikkeibp.co.jp/news/china06q3/510587/
[PR]
by ucj | 2006-08-14 10:56 | ★ニュース
生命保険の太平人寿上海分公司(太平人寿)と上海東方希傑商務有限公司(東方CJ)はこのほど、保険販売で提携することで合意した。東方CJのテレビショッピング番組で太平人寿の保険商品を販売していく。全国でも初めての試みとなる。

上海市では生命保険各社が商品販売チャネル拡大に力を入れており、電話、インターネット、銀行、郵便局、自動車販売店、航空会社など購入できるようになっている。

海外ではテレビショッピングでも保険商品を販売しており、同公司は新しい販売チャネルとして期待をかけている。

太平人寿はこれまでにダイレクトメール、電話による販売で成果をあげている。
【経済日報 2006年07月28日】

ニュースのURL:http://www.nikkeibp.co.jp/news/china06q3/509547/
[PR]
by ucj | 2006-07-31 14:38 | ★ニュース
「新秦調査」今後の海外旅行の予定2006年(1)

  これから1年の間に海外旅行の予定があるかどうかを聞いたところ、「ある」が32.6%、「具体的な予定はないが、行く可能性が高い」(以下「行く可能性が高い」)が27.9%となった。

  あくまでも予定を聞いたものだが、それでも比較的高い割合を示していることは、海外旅行市場の今後の可能性の高さを示唆していると思われる。

  男性よりも女性の回答者のほうに、予定が「ある」「行く可能性が高い」が多かった。また収入が高くなるほど、「ある」「行く可能性が高い」の割合が高く、月収6000元以上では「ある」が実に55.7%に達した。地域別では、広東省での「ある」が高く、四川省では逆に極端に低い数値を示している。

  海外旅行に前向きな人を対象に、海外旅行に最適と思われる時期を聞いたところ、「夏休み」が25.2%となった。国慶節(10月1日)からの大型連休「十一」が18.6%、5月1日のメーデー(労働節)からの大型連休「五一」が16.9%、「旧正月(春節)」の大型連休が11.5%だった。

■ニュースのURL:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0724&f=research_0724_001.shtml
[PR]
by ucj | 2006-07-28 13:39 | ★ニュース

  「新秦調査」住みたい家の予算2006年(2)

  どのようなタイプの新居を希望しているかを聞いたところ、「3DK」が23.5%、「4LDK(バス・トイレ複数タイプ)」が23.0%となっている。

  バス・トイレがひとつのタイプの「4DK」あるいは「4LDK」は両者あわせても10%未満。バス・トイレ複数タイプで4部屋、リビング完備でダイニングキッチンまで含めたようなタイプの部屋が多いわけだが、今までみてきたような希望面積や購入予算から考えると、若干豪勢すぎるきらいがありそうだ。

  地域別に4部屋以上の回答をみると、北京市よりは上海市、上海市よりは広東省で多い。

  収入が多くなるほど4部屋以上の部屋のタイプを望んでいる。例えば月収999元以下の低収入層では、4部屋以上は30%を大きく割り込むが、月収6000元以上の富裕層だけをみてみると45%以上となる。

  世代別では、4部屋以上のタイプは30代で求める声が大きい。40代や高年齢層がそれに次いでいるが、20代では相対的に少ない。この世代では収入がともなっていないことが多く、より現実的に新居のタイプを検討しているといえるかもしれない。


  今回紹介した調査結果を含めて、サーチナ総研では中国消費者の生活シーンに迫るインターネット調査を定点的に実施しており、その結果を毎年書籍『中国消費者の生活実態』としてまとめている。2006年版は06年2月に刊行した。

ニュースのURL:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0718&f=research_0718_001.shtml
[PR]
by ucj | 2006-07-27 13:35 | ★ニュース