日本からネットショップで中国に展開できるUCモール!決済・翻訳も安心です。


by ucj
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0090984_12271121.jpg


「ネットショップで中国マーケットを制する」
  講師  楊 鳴一 Yang MingYi

「中国新中間層の誕生と消費市場の拡大」
  講師 キャストコンサルティング株式会社
      代表取締役社長 徐 向東 氏

第三回目となりましたUCJ中国ビジネスセミナー(コラボレーションセミナー)無事終了しました。
今回も盛況でした、出席いただいた皆様本当にありがとうございました。

さて、今回の楊のセミナーは少し中身を変え、要望の多かったUCモールに関するご説明を少し強調した形となりました、特に当社が先月あたりより強化している、カタログ・DMを使った上海市場へのアプローチや、また新しい販促の企画(詳しくは後日リリースいたします。)などを紹介し、興味を持っていただいたようでした。次回あたりからは、より新しい情報や内容のセミナーにしたいと思っております。

e0090984_12381427.jpg

        ■↑■気合入ってますねぇ~(弊社・楊)

そして、キャストコンサルティング株式会社の徐氏のセミナーです。
e0090984_12493895.jpg

楊とは違った切り口で中国富裕層(新中間層)を的確に分析されたデータと上海のお店のウィンドウやイベントなどの画像を交え、上海市場および中国における消費者市場全体と、まさに販売の現場を捕らえた、マクロとミクロの両方の視点からのセミナーで見応え・聞き応えあるセミナーでした。特にインパクトの強かったのが、上海のセレブ向けの高級品イベントのレポートで、ベントレーやジャガー、あげくプライベートヘリまでが売れる、来場者の予算は1億円くらい(日本円で・・・)・・・という話は、日本のヒルズ族も真っ青という感じを受けました。いや~びっくりしました。
e0090984_12435061.jpg


セミナー後の質疑応答も活発に質問をいただき、なかなか良いセミナーではないかと
手前味噌ながら思っています。


本当に、今回も長い時間のセミナーにご参加いただき、本当にありがとうございました。
[PR]
by ucj | 2005-10-31 12:57 | ★セミナーレポート
株式会社UCJ(本社/代表取締役/楊 鳴一・河合博之*共同代表)は、中国富裕層に向けたショッピングモール「UCモール」の販売促進を推進するために、同社が有する国際クレジットカードホルダーから、より所得の高い層に対し、通販カタログを発行。
e0090984_1261320.jpg

9月28日より配布を開始し、今月中には約15000部の配布を行う。配布については、15000部を一度に配布するのではなく、数回に分けて配布しながら配布先に対してテレコールも行う。

このカタログの特徴は
【1】上海の総就労者の平均月収が1300元と言われる中、
    その4倍にあたる5000元以上の所得者に対して配布。
【2】UCモールに出店されるショップから、日本製品を中心にヨーロッパのブランド物など、
    特徴ある商品展開。
【3】配布部数は15000部 また配布後にテレコールによるカタログの認知強化と
    電話による受注など販売促進を行う。


上記の特徴を持っており、配布後すぐに注文が発生している。また、購入される商品も当初想定した金額(日本円にて1万円前後)よりも高額(日本円にて2~3万円)の物が売れ始めており、上海の購買力を再認識。
e0090984_1264452.jpg

今後は今回のカタログをベースとして、定期刊行と内容の充実を図り、ネットとリアルの双方向にて上海市場での展開を強化する。


■本リリースに関するお問い合わせ
UCJ・PR担当
【E-mail】 pr@ucj.jp
【TEL】03-5368-1488 /月~金 10:00~18:00
[PR]
by ucj | 2005-10-19 01:29 | ★UCJ・リリース

リリース掲載

10月12日リリースの
「日本初の中国モール展開を行うUCJ
アパレルの通販ブランド・キュービクスとの共同事業として
上海のデパートにショールームを展開。」


がWEBですが、以下の媒体に取り上げていただきました。

■Nikkei net 中国ビジネス特集
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20051012ep11288812.html
(10/12)[発表資料]UCJとキュービクス、上海の百貨店ショールームでネット販売

■Fuji Sankei Business i. (10/13)
http://www.business-i.jp/news/china-page/news/200510130009a.nwc
UCJとキュービクス提携 実在と仮想に相互出店
[PR]
by ucj | 2005-10-16 16:29 | ★ニュース
e0090984_13392254.jpg

さて、来る10月28日、第3回UCJビジネスセミナーを行います。
今回もコラボレーションセミナーといたしまして、前回の日本郵政公社様に続きスペシャルゲストを迎えてのセミナーとなります。
今回のゲストは中国ビジネスのマーケティングとコンサルティング分野で高い評価を得ております キャストコンサルティング株式会社 代表取締役社長・徐氏を迎え、「中国新中間層の誕生と消費市場の拡大」というタイトルにて、現在の中国市場動向をマーケティングの視点から語っていただきます。

楊の大局的な中国市場の全体感とネットでの攻め方と徐氏による消費者市場動向の2つの要素で、中国の今が非常によく分かる中国展開をお考えの皆様には非常に有益なセミナーだと考えております。

e0090984_1341261.jpg■徐 向東氏プロフィール
北京外国語大学で講師を経て立教大学の博士号取得、中央大学の講師を務めながら、日経リサーチの首席研究員を兼務。2005年、マーケティング・人材・ITなどの角度から、日本企業の対中進出やグローバル経営を全面的にサポートを行う、キャストコンサルティング株式会社の代表取締役となる。
キャストコンサルティング株式会社 http://www.cast-consulting.co.jp/




■第3回UCJコラボレーションセミナー・・・「ネットショップで中国マーケットを制する」/楊 鳴一氏
・・・「中国新中間層の誕生と消費市場の拡大」/徐 向東氏


■日時/2005年10月28日 16:00~
■会場/株式会社アタックス 会議室 (東京都千代田区内神田1-13-7 四国ビル)
■費用/無料
■定員/30名
* 受講者多数の場合、受講いただけない場合がございます、事前にご連絡を差し上げますので、ご了承ください。

【お申し込み方法】
 メールにて以下の情報をお送りください。
 会社名/受講者名/会社住所/部署名/電話番号/Emall/受講希望日(28日と記載ください)
 *受講希望の方が複数の場合、皆様のお名前とEmallアドレスをご記入ください。
【お問い合わせ】
 株式会社UCJ マーケティング部までお問い合わせください。
 info@ucj.jp 03-5368-1488
【詳細はコチラ】 http://ucmall.jp/seminar/index.htm
[PR]
by ucj | 2005-10-13 13:47 | ★セミナーレポート
日本初の中国モール展開を行うUCJ
アパレルの通販ブランド・キュービクスとの共同事業として
上海のデパートにショールームを展開。



株式会社UCJ(本社/代表取締役/楊 鳴一・河合博之*共同代表)は、通販ブランド「Private color’s」を展開する株式会社キュービクス(本社:東京都中央区 社長:石川 均) と中国市場展開について業務提携に合意。
その第一弾として、9月23日上海虹橋/パークソン(百盛百貨店)に株式会社キュービクスが出店するショップ内にショールームをオープンさせた。

ショールームには、UCモールに出店するショップから、上海未発表の商品が展示され、気に入った人はそのショールームに設置されたパソコンから、UCモールにアクセスし購入が出来る。
この方法は上海のデパートでも初の試みであり、注目を浴びている。

今後、株式会社キュービクスと株式会社UCJは、上海におけるネットを軸とした販売の分野で協力関係を結び、上海での市場拡大に向け事業を展開を行う。
次展開としては、株式会社キュービクスが発行する通販カタログをUCJの富裕層会員から特定の属性に向け(20~40歳・月収4000元以上)、12000部の配布を準備している。両社のリソースを活かし、上海での販売促進を行う。

e0090984_121489.jpg
上海虹橋/パークソン(百盛百貨店)Private Color’s ショップ内のショールームスペース右手前と奥にある2つの什器に商品が展示され、中央奥にあるノートパソコンからUCモールのサイトにアクセスし、商品購入が出来る。

e0090984_1213310.jpg上海虹橋/パークソン(百盛百貨店) PrivateColor’sオープンセレモニー
【写真左より】株式会社キュービクス・石川社長/パークソン(百盛百貨店)責任者・馮氏/株式会社UCJ代表・河合博之



e0090984_1243169.jpg
上海虹橋/パークソン(百盛百貨店)Private Color’s ショップ内のショールーム什器クローズアップ
デジタル系の商品から基礎化粧品、ヨーロッパの下着などが展示されている。
[PR]
by ucj | 2005-10-12 12:08 | ★UCJ・リリース

■購買力の源

UCモールの購買力の源は、UCクラブという会員組織の会員属性に秘密があります。
例えば、日本のモールで100万人の会員がいるとしても、その会員についてメールアドレスと名前しか取得できていないとする、その会員属性と、16万人だが収入から勤務先、家族構成など詳細な情報が取れており、かつ、メールの送信、電話の発信について許諾(パーミッション)をとった会員ではどちらが優位なのか?
会員の自由意志による購買の場合には、確率論から言うと母集団が大きい方が有利といえますが、このネットショップが乱立した現状を考えると、かなり確率は下がっています。そこで重視されるのは、新規の獲得効率を上げ、かつリピーターを獲得することです。そのため重要なのが会員との接触回数を上げること、会員との接触(メールでの告知や電話連絡など)許諾と会員の属性情報が多い方が有利なのです。
UCモールの購買の源泉であるUCクラブ会員は、接触について許諾が確保され、会員の属性情報が多い会員組織であり、かつ以下で述べるように収入が高く、自由意志での購買力も高い会員層です。

では、ここで基本的なUCクラブ会員の属性について説明をさせていただきます。

e0090984_19473281.gif
UCクラブのほぼ100%が国際クレジットカードホルダーです。
(所得や勤務先など信用力が必要なカードホルダー)この国際カードホルダー全体の男女比率は男性70%:女性30%という比率のようですが、UCクラブ会員の比率は男女ほぼ同率です。これは購買の原動力は女性にあるということから、女性会員獲得強化を行ってきた結果です。
このように購買力を考えた会員獲得と構成になっています。

e0090984_19501174.gif
次に年齢層です、20代と30代で約80%を占めています。この年代は中国で言われるニューリッチという勝ち組層と一致する年齢層です。上海では起業をする方が多く、日本以上に若い方が起業し成功を得るチャンスが多いのです。またこの年齢は文化大革命後の世代であり、教育レベルが非常に高く、外資系企業に勤務をしたり、海外とビジネスを行うなど、優れたビジネスマンを排出している世代でもあり、自身のライフスタイルの充実を考える、精神的、経済的な余裕のある世代でもあります。

e0090984_1956401.gif
次は収入層です。上海の全ての就労者の平均月収が約1300元といわれています。UCクラブの会員の平均月収が3600元、上海の平均月収の2.8倍という結果で、いわゆるホワイトワーカーのエリート層といえます。また、結婚をされている会員が70%を超えており、上海ではダブルインカム(共働き)が当たり前、かつ男女の収入格差がなく、結婚している場合の世帯収入は3600元の倍、7200元クラス。さらにサイドビジネスの株や不動産投資で、給与所得の倍以上も稼ぐ人が非常に多いのも特徴です。上海は家賃こそ高いものの、日用品や食事に関する物価が非常に安い事もあり、高額商品を購入する余力が多いと考えられます。

このような属性データから見ても、UCクラブの会員が購買力のある属性と理解していただけると思います。
[PR]
by ucj | 2005-10-06 20:02 |   ∟ UCモールの会員属性
■媒体掲載実績
e0090984_22551062.jpg

取材をいただき記事として取り上げていただきました。
本文中で一箇所、私の説明不足で記者の方に誤解をさせてしまいました。
UCモールは会員専用ではなく、オープンなサイトですので誰でも閲覧は可能です。
私の説明不足、失礼いたしました。

いや、PRは難しいですね。。。
[PR]
by ucj | 2005-10-05 22:59 | ★ニュース
「ネットショップで中国マーケットを制する」
   講師  楊 鳴一 Yang MingYi

「海外ネット通販におけるEMSの強み」
   講師 日本郵政公社 郵便事業総本部 エクスプレス事業本部 国際事業部
       上垣内 覚氏(かみがいと さとる)

【日時】/2005年9月30日 16:00~
【会場】/株式会社アタックス・会議室 東京都千代田区内神田1-13-7 四国ビル
【定員】/30名
【費用】/無料
【主催】/株式会社UCJ

第三回目となりました、弊社UCJの中国ビジネスセミナー
今回は日本郵政公社の上垣内 覚氏をゲストに迎え、EMSの話をいただきました。

参加は25名と中々の盛況であり、中国市場に対する興味が強いことを実感いたしました。
e0090984_15335075.jpg

(前半の楊による、「ネットショップで中国マーケットを制する」の様子です。)
楊の話は、評論家ではなく、実務家・起業家としての視点であり、定量・定性の両側面から現在の上海を中心とした中国の消費者市場の状況、さらに外国企業参入におけるリスクと、参入の失敗事例などリアルな内容を織り交ぜ、可能性の非常に大きな中国市場への参入方法としてネットショップの優位性を説明いたしました。

e0090984_1539673.jpg

日本郵政公社 上垣内 覚氏のプレゼンの様子。
普段中々聞く機会のないEMSに関する実務的なお話をいただきました。参加されたネットショップの運営者の方からも、海外発送の具体的な方法が良く分かったという声もいただき、実用性の高い内容となりました。

今回のセミナーの内容を活かし、このようなセミナーを定期的に行いたいと考えております。
ご興味のある方、お気軽に参加ください。


■次回予定■
10月28日を予定しております、詳細が決まりましたらご報告をさせていただきます。
【お問い合わせ】 株式会社UCJ PR担当まで/TEL03-5368-1488/pr@ucj.jp
[PR]
by ucj | 2005-10-05 15:50 | ★セミナーレポート
「ネットショップで中国マーケットを制する」
講師  楊 鳴一 Yang MingYi

「海外ネット通販におけるEMSの強み」
講師 日本郵政公社 郵便事業総本部 エクスプレス事業本部 国際事業部
    上垣内 覚氏(かみがいと さとる)

上記内容にてセミナーを実施、無事終了いたしました。
参加いただいた皆様、ありがとうございました。


以下、PR担当の独り言としてお聞きください。

いやーーー大変でした・・・
「30日に会場おさえたからセミナーやるね」と、9月の初旬に言われてですね「準備期間がないし、集客はどうすんねん・・・」と思いながら、予算を掛けまいと、無料のセミナーリリースサービスやら、いままでのアプローチ先でパーミッションを取ってる方々、某PR会社の善意で入手した媒体関係などへ地道に告知活動をちまちま行い、なんとかエントリーは30名!当日の欠席は多少ありましたが、25名くらいの来場で一安心でした。

当日の資料も、プレゼンテーターの某社の代表から出てくるのもギリギリだし、夜中にプリンターで、ガーガー出力して全部手作りですよ。
さらに、今回は日本郵政公社の方からもEMSのプレゼンがあり、プレゼン用のPCをどうしようか考え、途中で入れ替えもかっこ悪いので、某社代表のノートPCを共用する予定でした。そして当日、会場へ向かう直前「あのさぁ、僕のノートPC、プロジェクターに繋ぐと、プロジェクターと画面の両方に表示できないんだよね、ハハハハハハハ!」と満面の笑顔の某社代表、笑てる場合かぁ~あんたは大丈夫やろうけど、郵政の人が困るやろーーー!急遽私のPCにデータを移し、会場に運搬・・・。しかも、「あのさぁ、セミナー4時からだよね、3時半くらいまでアポイント入ってるんだよねぇ」・・・?間に合うのかぁ~!!

そして
★15:00少し前 会場に到着、こちらの担当の方は本当にきちんとされていて、良い感じ。
    郵政の方がお見えになられ、談笑しつつ、会場のセッティングに入る。
★15:30会場の準備がほぼ終わり
★15:40くらいには来場される方がチラホラ、「某社代表くるのかな・・・」と携帯に電話・・・で・で・でない!。2回掛けても出ない・・・、しゃーない、来ない場合は郵政さんから先に話て貰おうと思い、郵政の方を見ると。。。ガ~ン!緊張で結構フリーズ状態!!  あーーーこれは最初にやってもらうのは不味いぞ・・・。某社代表どうなっとんねーーーん!!。また電話をしましたが、また不通・・・。もうどうでもエエかぁ。。。おれが30分位てきとーーにしゃべるか・・・
★15:55・・・はぁ~、と半ば諦めた頃に、某社代表・満面の笑顔で登場!。もう、下痢しそうですよ。。。

そしてセミナーは始まった。。。
セミナーは結構好評でした。評論家ではないリアルな起業家視点での中国市場の話でしたので、普段は聞けない話もあり、皆様から好意的な反応をいただきました。

郵政の方のセミナーも、EMSの具体的な話など説明を受ける機会がないので、こちらも役に立つ実務に即した情報であり良いセミナーでした。
[PR]
by ucj | 2005-10-05 15:29 | ★セミナーレポート
e0090984_13384294.jpg

■UCモールは、ネットショップという方法で中国に出店できるモールです。
言葉の問題や、決済の不安をクリアーし、弊社が保有する16万人(2005.09時点)の中国中産階級~富裕層の方へ、商品を紹介し、販売が出来るモールです。
e0090984_13194221.jpg

■特徴-POINT
■POINT1■【購買力を持ったモールです。】
 少し話しが長くなりますが、弊社UCJは2人の代表を持つ会社です。その一人が楊という中国人企業家、彼が2002年に企業した上海のクレジットカード販売会社、この会社経由でクレジットカードを保有された方々をUCクラブ会員として会員化し、この会員が現在16万人となっています。
  中国ではクレジットカードは、国内カードと国際カードに分かれます。国内カードは文字通り中国国内でしか使えません、国際カードは中国外でも使えるカードで保有するには、収入・勤務先・居住地など審査が必要、信用力がないと保有出来ません。UCクラブの会員のほぼ100%がこの信用力が必要な国際カードホルダーですので信用力と経済力のある会員です。
 会員の方々にはUCモールが認知されており、UCモール側からのお知らせなどをお送りするパーミッションが取れていますので、プッシュでの告知が可能であり単純にメールアドレスだけで登録されている会員とは様子が違います。

■POINT2■【決済に不安がない】
 海外で販売を行う場合の一番の不安は「販売代金回収・・・」という意見が圧倒的です。UCモールでの決済は国際カードによるクレジットカード決済です。しかも、元ではなく円での決済ですので、為替レートでの影響がありません。
 販売の与信も、モールでカートに入れ「購入」とする段階で与信をとりますので、回収不能ということはありません。ショップ様から配送された段階で受注が完了となります。
・・・・■質問■販売代金はいつ振り込まれますか?
 販売代金は、販売月の末〆、翌月末にショップ様のご指定口座に手数料を引いた金額が決済代行会社より振り込まれます。

■POINT3■【言葉の不安がない】
 「海外で販売するのは興味あるけど、問い合わせが外国語じゃ・・・」という不安も非常に多いの事実です。弊社ではそのような不安をクリアーするために以下の対応をしています。
■翻訳サポート
・ モールでの掲載情報は全て日本語で入力ください、弊社の専門スタッフが翻訳します。
・ 購入者からの問い合わせも、弊社窓口が対応します。弊社窓口で対応が難しい場合や、お店様に確認が必要な場合、弊社日本人スタッフがお店様に確認をさせていただき、購入者に対応いたしますので、ご安心ください。
■翻訳スタッフも充実
機械翻訳や直訳はいたしません。販売のための翻訳を考えております。上海の当社子会社にて、マーケティングや流通の経験者、学校の先生など日本語と中国語に精通したスタッフが、最終翻訳をチェック。日本の流行のコピーも上海のマーケットで使われる言葉、トレンドのキーワードなどを織り込んだ販売のための翻訳に置き換えて、「売れる」為の翻訳を行います。


このような特徴を持ったショッピングモールが「UCモール」です。
日本のショッピングモールでは、店舗での露出争いが厳しく、良い商品も埋もれる・・・。新しい市場に簡単にリーチできないか・・・。そのようなお考えのショップ様に最適なサービスです。
リアルに中国出店・展開をお考えの企業様にとっても、マーケット調査として活用もいただけます。

■詳しくはコチラ http://ucmall.jpまで
■03-5368-1488 マーケティング部までお問い合わせください。
■資料のご請求はコチラ
[PR]
by ucj | 2005-10-05 13:58 | ★UCモールについて