日本からネットショップで中国に展開できるUCモール!決済・翻訳も安心です。


by ucj
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

4年後には2000億円市場
 中国の絵画ビジネスが空前のブームを迎えている。急激な経済発展に伴い、一部で金余りが進み、富裕層を中心に投機の手段として絵画を売買するケースが激増。北京では昨年、絵画の年間売上額が九十一億六千万元(約千三百七十四億円)に上り、二〇一〇年には百五十億元(約二千二百五十億円)に達するとの予測もある。バブルの懸念も指摘される中、中国絵画市場は過熱する一方だ。(相馬勝)
 中国の絵画市場に詳しい日本人画商によると、中国の現代絵画市場が関心を集めてきたのはここ数年のことで、特に、二十代から四十代の若手の中国人画家が育ってきたことが背景にある。
 中国の現代絵画には、新中国建国当時に多く見られた、労働者などを描いた「革命画」をモチーフにした力強いタッチのものや、中国伝統の書画を取り入れた古風なタッチの水墨画風の絵画。また、ピカソのような抽象画の画風を取り入れた作品などさまざまだ。
 作品は北京と上海の絵画市場に集中しており、計約三十人の画商が才能豊かな若手画家を見いだして、絵画市場に送り込んでいる。若手画家の一人、趙無極氏の絵画が〇四年、香港のクリスティで、中国人画家の油絵としては最高の二百三十万ドル(約二億七千万円)で落札された。
 北京のオークションでも昨年、有名画家、呉冠中氏の水墨画「鸚鵡(おうむ)天堂」が三千二十五万元で競り落とされたほか、毛沢東主席が一九五八年に広東省広州市近郊を視察したもようを描いた「毛主席視察広東農村」が千十二万元の値をつけた。
 中国共産党機関紙「人民日報」によると、油絵の相場高騰は〇四年末ごろから始まり、同年初めには二十万-二十五万元だった林風眠画伯の油絵が、現在は百五十万元-五百万元に跳ね上がった。
 また、〇五年に北京市で開催されたオークションは百三十七回で、出品された芸術品は七万千二百八十五点。取引額は九十一億六千万元で、〇四年の三十九億三千万元の二倍以上。「二〇一〇年までには百五十億元に達する」(中国紙・北京晨報)との予測も出ている。
 この背景には、投機目的の資金が流入していることがある。北京の絵画取引業者は「昨年から株価が低迷しており、株式投資は投機としては魅力が乏しくなっている。このため値上げを続ける絵画市場に膨大な投機資金が流れ込んでいる」と指摘する。
 ニューヨークの画商で、中国絵画を専門に扱っている「チャイナ・アバントギャルド」のハワード・ファーバー社長によると、北京や上海の市場で売られた作品がニューヨークやパリ、ロンドンなど欧米諸国で売られることも珍しくない。中国人画家の作品に注目が集まっており、十万ドル以上で売れることもまれではないという。ファーバー社長は「中国では最近、才能豊かな若手の画家が育ってきており、従来の欧米の画風とは違って極めて新鮮で心を打つ作品が多い。今後も中国の現代絵画は世界中の注目を集めることになろう」などと話している。


(産経新聞) - 3月30日16時24分更新より抜粋

□yahoo!ニュースより転載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060330-00000024-san-int
[PR]
by ucj | 2006-03-31 10:28 | ★ニュース

中国でのipod

中国に向け、弊社のUCモールを経由して色々な物が販売されています。
特に人気なのがデジタル関連の商品です、例えばデジタルカメラ、MP3プレーヤーなど・・・。
これらの商品の販売には顕著な特性が感じられます、例えばデジカメ・・・この場合は「1に画素数!2に液晶サイズ」という感じです、そして意外かもしれませんが、ブランドに対する信仰も強く、日本同様アップルに対するブランド信仰は息づいています。中国の最近の若い人たちの志向は、よりデザインの優れた物、個性のある物へとシフトしているようで、アップルやSONYというデザインオリエンテッドなプロダクトには、高い関心が見えます。
そんな訳で、弊社のUCモールでMP3プレーヤーの一番人気は、やはりipod。
新しい物が出ると一人で複数台のリクエストをする方もいらっしゃいます。新製品の情報はネットによって世界共通になり、カスタマーの方が情報を早く入手することも当たり前であり、UCモールで発売前に問い合わせがあることも良くあります。

このipod携帯や大画面仕様の物などが発売されたなら、きっと中国でも物凄い勢いで広がるでしょう。

私自身、アップルの古いユーザーで、クラシックIIから、PowerBook170、あげくニュートンまで持っていました、当時からアップルのこの手の情報は結構精度が高く、この想像のipod達も市場に出るのは、そんなに遠くない日のように個人的には思います。。。

Excite エキサイト : コンピュータニュース
[PR]
by ucj | 2006-03-28 10:53 | ★PR担当の戯言
27日から始まったUCモールのショールームオープニングセールについて
上海の地下鉄で配布されているフリーペーパーに広告が掲載されました。
「時代報 METRO EXPRESS」というフリーペーパーです。

日本のフリーペーパーメディアの浸透力はR-25など非常に強いものがありますが、上海でも日本同様、場合によっては日本以上にフリーペーパーの浸透力は強い物があります。

通販カタログ発行でも少し触れましたが、中国ではネットでのプロモーションだけでは、特定の属性にしかアプローチが出来ず、マスマーケティングという観点では、ネット+アナログ媒体というメディアミックスが日本以上に効果を発揮します。
今回のオープニングセールのプロモーションについても同様であり、上海のマーケティングチームによって、ネットおよび今回の広告のようなアナログ媒体、またレストランやショップへのインビテーションカード(フライヤー)のような媒体を組み合わせています。

e0090984_1024347.jpg

 *赤い○の中がUCモールの広告部分です。
[PR]
by ucj | 2006-03-28 10:26 | ★UCJ・リリース
中国の一般消費者に対して過去1年で海外旅行に行ったかどうかを聞いたところ、全体平均で「ない」、つまり海外旅行に行かなかったとした人が57.4%だったのに対して、一人っ子世代(16-27歳)全体だけでみてみると59.4%となっている。裕福な環境の中で育った一人っ子世代とはいえ、海外旅行はまだまだ簡単にいけるものではないという実態が明らかになった。

 その中でも、とくに後期一人っ子世代(16-22歳)でみてみると、海外旅行に行かなかったという割合が6割に達している。以前と比べて、海外旅行のハードルが低くなったとはいえ、現在までに基本的には年齢が高いほど海外旅行の経験が豊富であることが分かる。

 一方で、「2回以上行った」という割合でみてみると、後期一人っ子世代は15.6%であるのに対して、前期一人っ子世代(23-27歳)は13.5%。一人っ子世代以外の、28歳以上の世代だけでは14.6%となっている。

 これは後期一人っ子世代の中では総じて海外旅行に行く機会が少ないとはいえ、その一部では裕福な環境で育った恩恵を全面に受けて、確実に海外旅行慣れした層が存在していることを意味する。逆に、後期一人っ子世代でも海外旅行に行っている人と行っていない人での格差が明確に現れたともいえる。

 1回以上海外旅行に行ったという割合で比べると、まだまだ一人っ子世代以外の、28歳以降の世代が主力であり、とくに後期一人っ子世代では海外旅行に行かなかったという人が目立つ結果になっているが、一人っ子世代間、あるいは前期・後期の一人っ子世代間でも海外旅行に行っている人、行っていない人の細分化が進んでいることが明らかになっている。

(サーチナ・中国情報局) - 3月28日9時8分更新より抜粋

□yahoo!ニュースより転載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060328-00000002-scn-int
[PR]
by ucj | 2006-03-28 09:54 | ★ニュース
3月27日~4月2日
上海のショールーム・オープンを記念してオープニングセールが行われます。


以下、初日のお客様を迎える直前の画像です。
e0090984_12513595.jpg

今回の中心商品は、デジタルカメラや香水、あとはアパレル関連商材です。
また、Xboxやデジタル楽器など趣味や遊びの商材も多くディスプレイされています。
ディスプレイされた商品は約130商品、全てUCモール出店のショップ様からの
ご協力でディスプレイされています。

e0090984_12514671.jpg

UCモールは個人輸入の形式を取ったビジネスモデルですので
実際には、このショールームで購入するのではなく、ここで商品を見て
ネット、またはこの場で注文をいただき、後ほど購入者に日本からお届けする形になります。

e0090984_12515411.jpg

内装や什器もいい感じに仕上がっています、この内装や什器の準備も日本では考えられない位の短期間で仕上げています。
中国の仕事の早さは、何度経験しても驚くばかりです。



★★★そして、午後一番での様子です。
午前中で60名を超える来場がありました。
この、来場された方々は、弊社の運営するUCクラブの会員登録をいただき
今後、UCモールからの様々な情報提供が可能となります。

e0090984_15431291.jpg

e0090984_15432689.jpg

e0090984_15433967.jpg

[PR]
by ucj | 2006-03-27 13:06 | ★UCJ・リリース
今回は、今月3月27日~4月2日に行われる新規開設のショールームを使ったセールイベントでの配布と
当社が保有する富裕層会員、およびカタログ希望者へ、約5000部を発行する。

カタログの中には、UCモールに出店している各ショップの商品が掲載され、
デジタルカメラやMP3プレーヤー、香水、女性向けアパレル商材など多岐にわたります。

このカタログからの注文はオンラインモールのUCモールから注文が出来、また電話や弊社の上海オフィス、
ショールームでも注文が可能であり、ネット+アナログ(ショールーム・カタログ)のメディアミックスで展開される。

e0090984_119316.jpg



■本リリースに関するお問い合わせ
UCJ・PR担当
【E-mail】 pr@ucj.jp
【TEL】03-5368-1488 /月~金 10:00~18:00
[PR]
by ucj | 2006-03-24 11:11 | ★UCJ・リリース
【一人っ子世代の衝撃】第1部 衣食住遊エトセトラの基本 第3回

 中国の一般消費者によく飲む飲料の種類を聞いたところ、全体平均では「ミネラルウォーター」が最も多くなったが、これは一人っ子世代(16-27歳)以外の世代での支持によるところが大きく、一人っ子世代だけでみてみると「炭酸飲料」が突出しており、「ミネラルウォーター」は「果汁」と同じ程度の水準にとどまっている。

 前期一人っ子世代(23-27歳)と後期一人っ子世代(16-22歳)、28歳以降のそのほかの世代というくくりでみてみると、「ミネラルウォーター」は28歳以降で多く、ついで前期一人っ子世代、最後に後期一人っ子世代という順番になるが、「炭酸飲料」はそれとはまったく逆の順番。「果汁」は前期一人っ子世代で突出して多くなっている。

 「お茶」は傾向としては「ミネラルウォーター」と同様で、28歳以降の世代でやはり突出して多くなっている。前期一人っ子世代ではまだ「お茶」が若干多いが、後期一人っ子世代になると「お茶」よりも「乳飲料」のほうがむしろ多い。さらにこの後期一人っ子世代では若干ながら「スポーツ、機能性飲料」のほうが「お茶」よりも多くなっている。

 以前、同じ調査の結果で別の角度から検証した結果として、若い世代での「お茶」離れが加速していることを指摘したが、今回、それをより深く解析したところ、その実態がよりはっきりと浮き彫りにされたといえるだろう。「コーヒー」については全体としてみればまだまだ割合は小さいものの、後期一人っ子世代での数値が群を抜いているのも注目される。


(サーチナ・中国情報局) - 3月24日9時1分更新より抜粋

□yahoo!ニュースより転載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060324-00000003-scn-int
[PR]
by ucj | 2006-03-24 09:48 | ★ニュース
■ネットショップ運営の皆様へ、以下お役に立てばと思います。■

シマンテックは22日、P2Pファイル交換ソフト「Winny」を検索するツールを公開した。Windows XP/2000に対応し、無料で利用できる。

 この「Winny検索ツール」を実行するとPC内のディスクを検索し、Winnyが起動しているかどうか、もしくはWinnyのプログラム本体がディスク上に存在しているのかどうかを調べる。ファイルのシグネチャを利用して検出するというウイルス検索エンジンと同様の仕組みを利用しており、ファイル名が変更されていたとしても検出可能だという。

 なお、Winnyが発見された場合「Winny is found on your computer」と表示。検索したファイル総数「The total number of scanned files: (数字)」や、Winnyのプログラム数「The number of Winny programs: (数字)」、実行しているWinnyの数「The number of Winny processes: (数字)」を示す。また、Winnyが発見されなかった場合は「Winny has not been found on your computer」と表示する。

 検索結果は、Winny検索ツール(WinyAudt.exe)と同じフォルダに「WinyAudt.log」として保存する。管理者向け機能としては、ログインスクリプトなどを利用してリモートからコマンドラインを入力することでWinny検索ツールを実行できる機能を搭載。例えば、各ユーザーにわからないよう、ツールをサイレントに実行することもできるという。

関連情報

■URL

  Winny検索ツール

  http://www.symantec.com/region/jp/winny/winny_tools.html

  関連記事:本誌記事に見る“Winny流出”

  http://internet.watch.impress.co.jp/static/index/2006/03/10/

( 鷹木 創 )

2006/03/22 13:50
(impress Watch) - 3月22日15時30分更新
[PR]
by ucj | 2006-03-22 20:31 | ★ニュース
【一人っ子世代の衝撃】第1部 衣食住遊エトセトラの基本 第1回

 中国の一般消費者のファッションに対するこだわりについて、「非常にこだわる」が全体平均で12.1%だったのに対して、一人っ子世代(16-27歳)では16.2%、28歳以降の世代では9.5%と比較的大きな違いが現れた。

 一人っ子世代のうち、前期一人っ子世代(23-27歳)だけだと13.8%となり、全体平均とそれほど変わらないのに対して、後期一人っ子世代(16-22歳)だけだと実に19.7%に達する。一人っ子世代間でもかなり温度差があることが分かった。

 この設問は、漠然とファッションに対するこだわりを聞いたものであるが、それだからこそ回答でのこうした違いは、それぞれの世代間の感性の違いを如実に示すものとして興味深い。

 一人っ子世代全般として、他の世代と比べて明らかにファッションに対するこだわりの高さがうかがえる。当然通常は若い世代のほうがファッションにこだわりがあるものではあるが、ここまで差が顕著に現れたのはそれだけが要因ではない。

 経済力もつき、ある程度自分でファッションにお金をかけることのできる20代半ばでの回答よりも、それよりも若い世代での回答が多いことでもそれがうかがえる。

 これはファッションに対するこだわりという考え方そのものが、経済成長を遂げ、生活水準が高くなってきた中国社会で、最近になってようやく浸透し始めた感覚であることと無縁ではないだろう。一人っ子世代はそもそもが基本的には相対的に裕福な環境で生まれ育っている。

 それは、一人っ子世代の間でも若ければ若いほどファッションに対するこだわりが大きくなっていることにも現れている。今後もこの傾向は続き、相対的に若い世代ほどファッションに関心が高まること、さらに推し進めて考えれば流行そのものに敏感になってくることが予想される。

 その意味では、まさしく現代版の「衣食足りて礼節を知る」(出典は、孔子も尊敬したとされる中国の春秋時代(紀元前771-紀元前403年頃)の名宰相の言行録をまとめた『管子』)といえるかもしれない。

(サーチナ・中国情報局) - 3月22日8時57分更新より抜粋

□yahoo!ニュースより転載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060322-00000001-scn-int
[PR]
by ucj | 2006-03-22 18:09 | ★ニュース

■上海ショールーム開設

上海をはじめ、中国の消費者の購買特性は日本と少し違っていて
安い物はより安く、高額な物は納得すればお金にこだわりは少ない・・・
という傾向があります。
そして重要なポイントに、こだわる物は手にとって、納得いくまで確認をしたい・・・
という欲求が強いのも事実です。
思い返すと、数年前の日本に近い感じではないでしょうか?

そのような特性から、100%ネットで完結する今の日本と同じ状況になるまでの
過渡期といえる現在の中国の状況に対応すべく、通販カタログやキュービクス様の協力による
パークソンでのショールームスペースなどを展開し
ネット+アナログ(モルタル)での対応を進めてまいりました。

そして今回、その対応をより強化すべく
UCモールで出店されていらっしゃるお客様の商品を
上海の方々に、現物を見て、手にとっていただけるように
上海現地法人、上海聯市投資諮詢有限公司の入っております
「匯金大厦(ビル)」6階にて『UCモールショールーム』をオープン致します。

e0090984_1073773.jpg


こちらは、その完成予想のパースです。

そして、ショールームオープンを記念し、今月末よりUCモールのセールを行います。
[PR]
by ucj | 2006-03-17 10:18 | ★UCJ・リリース