日本からネットショップで中国に展開できるUCモール!決済・翻訳も安心です。


by ucj
カレンダー

<   2006年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「新秦調査」ビールに対する志向2006年(3)

 中国の一般消費者のビールブランド認知度で、上海一極集中のサントリー、サントリーの知名度が低い北京や広東ではキリンやアサヒが若干数値を上げているなどの傾向がみられた。サントリーの強さが男性の人気に支えられたものであることも明らかになった。

 これはサーチナ総合研究所が、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)が運営する「新秦調査」消費者モニターを通じてインターネット調査を実施したもので、調査期間は2006年1月24日から2月7日まで。北京市、上海市、広東省、遼寧省、四川省を中心に、一般消費者男女2000人から有効回答を得たもの。

 日系3社(サントリー、アサヒ、キリン)では、「サントリービール」が上海で5割を大きく超える支持を集めているが、上海市では「サントリービール」に限らず、日系の人気は高い。逆に「サントリービール」支持者がゼロの広東省では、「キリンビール」「アサヒビール」は苦戦しているようだ。

 両者とも前面に社名は出さないものの、広東現地資本などと提携して事業展開していることがある程度の結果に結びついているといえよう。

 北京にも力を入れている「アサヒビール」は北京市で5.4%(「サントリービール」は北京市は0.0%)の支持を得た。

 収入別で、大都市圏に力を入れている日系メーカーは高所得層の人気を集めている。年齢別では20代がネックのようだ。「サントリービール」は30代で2ケタの支持を集めているのが特徴。

 また、「サントリービール」は女性より男性に人気がある。ビールに限らず、日系に関する調査項目では必ずといっていいほど女性の回答が男性を上回るもので、今回の「サントリービール」のようなケースは非常に珍しい。それほど地元「上海」に密着しているともいえる。

 今回紹介した調査結果を含めて、サーチナ総研では中国消費者の生活シーンに迫るインターネット調査を定点的に実施しており、その結果を毎年書籍「中国消費者の生活実態」としてまとめている。2006年版である「中国消費者の生活実態~サーチナ中国白書2006-2007~」を06年2月に刊行。

 写真は、江蘇省南京市で開かれたビール痛飲会のもよう。(サーチナ総合研究所リサーチャー 鈴木義純)

(サーチナ・中国情報局) - 4月27日9時17分更新

■ニュースのURL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060427-00000001-scn-cn

CN News -by Yoon
[PR]
by ucj | 2006-04-27 11:12 | ★ニュース
【日中比較調査】ファッションに対する意識と行動(6)

 日中両国の一般消費者に対してファッションに関する高級ブランドの興味度合いを聞いたところ、日本では比較的冷静な回答が目立ったのに対して、中国では非常に関心が高い。「非常に関心がある」では日本が5%程度にとどまったのに対して、中国では13%強。「関心がある」でも日本が21.3%に対して、中国は36.2%。

 「どちらかといえば関心がある」というやや中性的な選択肢についても、中国が37.0%に対して日本が26.0%と、やはり中国のほうが日本より多い。これら程度の違いを無視して関心があるとした回答の合計は、日本が43%程度に対して中国は倍以上の86%を越える。

 この結果の背景には色々な側面があると思われる。まず、調査への回答に際しての日中間のモニターの違い、言い換えれば両国の国民性の違いが挙げられよう。加えて、中国の一般消費者の強烈なブランド志向も大きな要素であるといえるだろう。消費が急成長するマーケットではよくみられる傾向だが、世界的なブランドを身につけたいという憧れの反映でもあるだろう。

 逆に日本では、以前にも紹介したように、マイブームやマイブランドという言葉に象徴される「自分流」を貫き通す傾向が強まっているが、その傾向がここでも浮き彫りになったといえよう。

 今回の調査は、マイボイスコムが日本で、サーチナ総合研究所が中国で、それぞれ調査を行ったもの。両国の国情の違いを両者で検討した上で調査票及び調査設計を調整し、06年4月3日から7日まで、基本的に同一の調査票をもとに両国で同時にインターネット調査を実施、サンプル数は日本側が1029人、中国側が1050人。

 サーチナが担当した中国側の調査では、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)が運営する「新秦調査」消費者モニターからサンプルを抽出した。サーチナとマイボイスコムは06年1月に業務提携を発表、お互いが有している日中両国の消費者モニターというリソースを活用して、日中間の比較調査の受託や共同調査を行っている。

 写真は、北京で開かれた「2006年中国国際ウェディング・撮影器材博覧会」で中国ブランド「宝宝趣」が発表した「韓流」ファッション。宝宝趣では日本進出も積極的に進めつつある。(サーチナ総合研究所リサーチャー 鈴木義純)

(サーチナ・中国情報局) - 4月26日16時44分更新
■http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060426-00000006-scn-cn

CN News -by Yoon
[PR]
by ucj | 2006-04-26 18:46 | ★ニュース
日本中華総商会が主催する「第9回世界華商大会」が、07年9月15日から17日にかけて行われる。開幕式は大阪、閉幕式は兵庫県神戸市で行われる予定だ。26日付で中国新聞社が伝えた。

 「世界華商大会」は、華人企業家による世界規模の集会で、2年ごとに開催されている。これまでシンガポールやタイ、カナダ、オーストラリア、韓国などで開催されてきたが、日本での開催は今回が初めて。

 また同時に、07年を「日本における中華年」として、06年11月から07年末まで経済、文化、芸術、体育、学術分野などにおける様々なイベントや展示会を日本各地で行う。日中間の民間交流を推進し、両国の発展を促進することが狙い。

 日本中華総商会の副会長である黄耀庭氏(写真)や羅怡文氏らは25日に北京市内で行われた記者会見で、「今回の華商大会は、日本にいる60万人以上の華僑や華人に影響を与えるだろう。また、日本に拠点を置く中国系企業の結束力を高め、民間イベントを通じて日中間の友好関係を促進できる」などと開催の趣旨を説明した。(編集担当:田村まどか)

(サーチナ・中国情報局) - 4月26日14時37分更新
■http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060426-00000005-scn-cn

CN News -by Yoon
[PR]
by ucj | 2006-04-26 18:39 | ★ニュース
e0090984_1748260.jpg

e0090984_17482289.jpg

e0090984_1821885.jpg

e0090984_1832167.jpg



この夏中国国内で流行になるFashion check!!

■この情報のサイトはコチラへ


[来源]网易 2006-04-25 14:59:12

CN News ―by Yoon
[PR]
by ucj | 2006-04-25 18:03
【日中比較調査】ファッションに対する意識と行動(5)

 日中両国の一般消費者に対してファッションで参考にしているものを聞いたところ(複数回答)、日本では「雑誌・カタログ」が最多、「街で見かける人」「テレビ」などがそれに続いているが、中国ではほとんどみられなかった「参考にしているものはない」が20%以上に達している。

 中国でも「雑誌・カタログ」が最も多く、70%を超えている。「テレビ」がそれに続いて60%程度だが、日本で20%程度にとどまっていた「インターネット」が50%を大きく超えた。さらに「友人・知人(親・兄弟含む)」は、日本の20.3%に対して中国では46.7%。やはり中国の口コミの威力は健在だ。

 また、日本ではほとんど参考にされていない「新聞・チラシ」は中国では30%を大きく超えている。

 全体的な傾向として、中国ではメディアに対する依存度が高い。雑誌、テレビ、インターネット、新聞など、いずれも日本よりも回答が多く、その差も大きい。それに対して日本では、「雑誌・カタログ」こそ最多だったが、「街で見かける人」や「参考にしているものはない」が圧倒的に多いことからも、自らの主体性が重視されているといえよう。

 今回の調査は、マイボイスコムが日本で、サーチナ総合研究所が中国で、それぞれ調査を行ったもの。両国の国情の違いを両者が検討して調査票及び調査設計を調整し、06年4月3日から7日まで、基本的に同一の調査票をもとに両国で同時にインターネット調査を実施、サンプル数は日本側が1029人、中国側が1050人。

 サーチナが担当した中国側の調査では、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)が運営する「新秦調査」消費者モニターからサンプルを抽出した。サーチナとマイボイスコムは06年1月に業務提携を発表、お互いが有している日中両国の消費者モニターというリソースを活用して、日中間の比較調査の受託や共同調査を行っている。

 写真は、中国で絶大な人気を誇るアイドルオーディション番組「超級女声(スーパー歌姫)」で04年度の優勝者となったアンジェラ(安又〓)さん。エイベックス・グループが中国マーケット向けプロデュースを行うことが決まった。(〓は王へんに其)(サーチナ総合研究所リサーチャー 鈴木義純)


(サーチナ・中国情報局) - 4月25日15時45分更新
■http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060425-00000005-scn-cn

ヤフーニュースより
[PR]
by ucj | 2006-04-25 17:16 | ★ニュース
「新秦調査」外食にかかる費用感覚2006年版(3)

 中国の一般消費者が許容できる1カ月の外食代は全体平均で月収の16.4%程度。月収2000元(上海市、中国民間企業の大卒初任給レベル)だとすると、許容できる外食代は320元程度となる。年齢別、収入別、地域別で若干の差異がみられたが、それほど大きな変化はなかった。

 これはサーチナ総合研究所が、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)が運営する「新秦調査」消費者モニターを通じてインターネット調査を実施したもので、調査期間は2006年1月24日から2月7日まで。北京市、上海市、広東省、遼寧省、四川省を中心に、一般消費者男女2000人から有効回答を得たもの。

 1カ月の外食代として許容できるのは月収のどの程度かを聞いたところ、「20-30%」が23.3%で最多。「15-20%」「10-15%」でもそれぞれ2割を超えている。平均では月収の16.4%程度となる。

 20代では17%を超え、月収6000元以上でも17%強。地域別では、四川省が17.2%と最も高く、上海市でも17%に達している。四川省の場合は地域別のエンゲル係数に対応した形になっているが、上海市の場合は物価水準の高さに原因があるとみられる。

 今回紹介した調査結果を含めて、サーチナ総研では中国消費者の生活シーンに迫るインターネット調査を定点的に実施しており、その結果を毎年書籍「中国消費者の生活実態」としてまとめている。2006年版である「中国消費者の生活実態~サーチナ中国白書2006-2007~」を06年2月に刊行。

 写真は、鄭州で開かれた「第18回世界客属懇親会」。「客属」は客家(ハッカ。客人の意。つまり「よそ者」ということで、紀元前3世紀の秦の始皇帝の中国統一以来、大戦乱と王朝交代の中で何世代にもわたって、北部地域から南下してきた漢民族の末裔を指す)。懇親会にあわせて、会場となったホテルでは客家料理で来場者をおもてなし。(サーチナ総合研究所リサーチャー 鈴木義純)


(サーチナ・中国情報局) - 4月24日13時13分更新
Yahoo Newsより
■http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060424-00000002-scn-cn
[PR]
by ucj | 2006-04-24 16:55 | ★ニュース
中国における企業ブランドの重要性とCSR活動(1)-中島久雄(NRI上海)

第1回-有資産階級に注目せよ

 企業ブランドイメージの向上は、中国を市場として相手にする日本企業にとって、いまや経営の最重要課題になってきた。現地の総経理との話の中でも「品質や機能では従来のような圧倒的な差別化は日に日に難しくなってきており、単なる価格戦争に巻き込まれないためにも『企業ブランド』強化が重要である」という声は、日増しに多くなってきている。今回から4回にわたり、中国における企業ブランドの重要性と、企業ブランド向上のひとつの手段としてのCSR(企業の社会的貢献)活動について述べる。

■なぜ、今、企業ブランドの向上か?

 特に、今、中国において企業ブランドが重要視される要因は何かと考えると、以下の3点があげられる。

1.消費者の周りに商品と情報が溢れかえり、従来のような比較検討が困難に

 WTO(世界貿易機関)加盟による規制緩和が着実に進み、グローバル企業のほとんどが中国に参入を果たしている。一方、中国民営企業もコスト競争力ある商品を供給し続け、その品質は一定のレベルを超えつつある。そういう中で、国美などの家電量販店に代表される大規模チャネルが拡大しており、中国の店頭は、まさに「世界博覧会」状態になっている。中国の消費者は、商品とそれを取り巻く情報の洪水の中で埋もれそうになっており、商品を選択する際に、親しみのあるブランドについつい頼ってしまう傾向にある。

 実際、野村総合研究所が毎年行っている「有資産階級(世帯年収5万元以上の消費者)」に関する調査においても、以前に比べて「徹底探索消費」層が減少傾向にあり、代わって最近では「時間節約消費」層が増えてきている(図表1参照)。また、総じて、中国人は日本人に比べても「周囲からの評判」「ブランドイメージ」を商品選択の基準として重視する傾向にある。商品を選択する際に、十分に時間をかけて比較検討を行わず、安心や品質の証としてのブランドに頼る傾向は、今後も増大する。

2.中国における消費の先導役である20歳~30歳代がブランドを重視する傾向に

 中国の都市部では、20歳~30歳代の層が、40歳代以降の層に比べて、高学歴を有し、外資系や民営系への就職率が高く、実際の収入レベルも高くなっている。開放政策による高い経済成長がこの10年に集中している中国特有の事情である。日本でも、同じくこの年代が消費トレンドをつくる傾向にはあるが、実際に年収レベルが高いのは40歳以降であり、例えばプラズマテレビのターゲット層になるのはこちらである。中国では、20歳~30歳代の層の方が実消費も高く、今後の消費トレンドも作っていく。

 これからの消費の中心的役割を担う、この20歳~30歳代の「有資産階級層」は、すでに生活の「質」を重視しており、ブランドが自らのライフスタイルに合うか否かを、商品サービスの選択基準にしたいという強い思いを抱いている。韓国のサムスン電子は、携帯電話事業を通じて、このブランド感度の高い20歳~30歳代の支持を獲得して、サムスン全体の企業ブランドを高め、他の製品分野にもうまく波及させている。

 まず、中国においては、この層におけるブランド価値を高めることが、日系企業にとって重要であろう。20歳~30歳代の「有資産階級層」は、インターネットへのアクセスが非常に多いというメディア特性もある。コミュニケーション戦略においてのインターネットの活用なども重要な課題といえよう。

3.「日本」に対するイメージが企業ブランドイメージに影響

 誠に残念ではあるが、政治関係の悪化による「日本」ブランドのイメージがあまりよくなく、それが企業ブランドイメージに影響を与えていることも中国特有の事情であろう。中国の各メディアが実施している「中国で最も尊敬される企業(経済視察報)」や「中国大学生の就職人気企業(中国英才網)」などのランキング調査を見ても、日系企業が上位に顔を出すことはない。2004年5月の就職人気企業ランキングでは、ソニーの26位が日系では最上位(03年は17位)、松下が46位で、50位以内には日系企業はこの2社だけである。サムスン電子(韓国)の11位にも大きく引き離されている。

 また、株式会社サーチナと野村総合研究所が共同で行った「中国市場での企業ブランド戦略2006」を見ると、従来の「先進性」「機能」「デザイン」面での日本企業の優位性は薄れ、代りに「日本」ブランドに対する「ライバル」心が高くなっていることが浮き彫りにされた形になった。これは、インターネット調査であることから少し際立った結果になっていることは否めない。

 以上、中国において、今、なぜ企業ブランド向上が必要かについて述べた。これらのことは、中国現地にいると、いまさら言うまででもないことも多い。ただ、「ブランドが必要なんて、日本でも中国でも同じ事だろう。売れる分だけ広告をやればいいんだ」と考えている日本の中国担当部署に、特に中国においてはブランドへの戦略的な先行投資が必要なことを伝えていくことは意外に難しいという声も聞く。(執筆者:野村綜研諮詢(上海)有限公司・中島久雄)

(サーチナ・中国情報局) - 4月24日14時29分更新

Yahoo News より

■このニュースのサイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060424-00000003-scn-cn
[PR]
by ucj | 2006-04-24 16:46 | ★ニュース
【日中比較調査】ファッションに対する意識と行動(4)

日中両国の一般消費者に対して洋服を購入する時に重視するポイントを聞いたところ(複数回答)、日中両国ともに最多となったのは「デザイン」で、とくに中国では80%を超えた。それに次いで「自分に似合っているか」が日本で60%を超えて多かったが、中国でも50%強。しかし「着心地・肌触り」「素材」も同じ程度の割合となっている。

 日本と中国で差が大きかったのは「サイズ」(日本が49.3%に対して、中国では24.7%)、「価格の割安感」(日本55.8%、中国36.3%)。また、「ブランド」も中国が5割を超えたのに対して、日本では18.8%、「トレンドを取り入れているか」では中国が31.4%に対して、日本はわずかに9.4%。

 「価格の割安感」における日中の差は、中国ではあまりにも安いものは品質などに不安が残るとイメージされる度合いが強いためと考えられるが、これは商品市場の未成熟さを消費者が意識していることの表れでもあるだろう。逆に日本の消費者が「価格の割安感」を追求する傾向が強いのは、商品及び商品市場そのものに対する信頼度が相対的に高いからだといえよう。

 日本ではマイブームやマイブランドなどといわれるように、自分の気に入ったものが購入の重要なポイントになるのに対して、中国では自分の感覚よりも社会一般に認められたブランドやトレンドが購入を促すポイントになっていると考えられる。すでに知られたブランドが力を発揮する中国と、カスタマイズ、差別化、個人的な志向などがキーワードとなって消費の多様化が進む日本の市場環境の違いが現れたものだろう。

 今回の調査は、マイボイスコムが日本で、サーチナ総合研究所が中国で、それぞれ調査を行ったもの。両国の国情の違いを両者が検討して調査票及び調査設計を調整し、06年4月3日から7日まで、基本的に同一の調査票をもとに両国で同時にインターネット調査を実施、サンプル数は日本側が1029人、中国側が1050人。

 サーチナが担当した中国側の調査では、新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)が運営する「新秦調査」消費者モニターからサンプルを抽出した。サーチナとマイボイスコムは06年1月に業務提携を発表、お互いが有している日中両国の消費者モニターというリソースを活用して、日中間の比較調査の受託や共同調査を行っている。

 写真は、日本の2006年の成人式を中国新聞社が伝えた時に使用されたもの。(サーチナ総合研究所リサーチャー 鈴木義純)

(サーチナ・中国情報局) - 4月24日15時40分更新

Yahoo Newsより

■このニュースのサイトはコチラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060424-00000006-scn-cn
[PR]
by ucj | 2006-04-24 16:41 | ★ニュース
e0090984_1233472.jpg


 これまでと少しも変わらぬ、毎年の春夏の交際で、私達はアジアの女性の最も熱中する話題を再び拾う――美白。しかしこのように1つの巨大で盛りだくさんの美白の市場の中で、高速、正確に探し当ててあなたの製品に適したいならば、本当に難度がある。小さく編んで2006の各大きいブランドの新型を網羅して、全面的に解析して製品の投資の攻略を美白して、あなたに1つの明るい“白”の理知がある美人をさせる。

◇2006年の上級商品と、新しい美化系商品
 肌の泉MELA-D美白シリーズ:皮膚科医師の推薦で、清潔な顔、さわやかな肌、精華の乳の3件の製品を含んだ敏感な筋肉と皮膚に適用してしてるこの商品が注目をあびる。

 Elizabeth Arden糸の亮白スキンケアのシリーズ:蚕糸の卵白を添加してp調合指図書の中で美白した、筋肉と皮膚を美白するだけではなく、更に保湿を果たすことができて、締めて作用を送ることができる。全係列は局部の薄いぶちの10件の製品まで清潔てさわやかな肌を。。。

■このニュースの中国サイトはコチラ

<2006-04-24 10:33:01 千龍ウェブサイトニュース>


CN News ―by Yoon
[PR]
by ucj | 2006-04-24 12:28
e0090984_18183611.jpg


☆邱暁華は今年中国の経済が依然として穏やかのわりに継続が増加速いことを予測する

 中国国家統計局のスポークスマン(鄭 京平)は今日の午前に初歩概算を経過して、中国今年のワンシーズン国内生産総値は43313人民元で、その同時期より10.2%増長し、上年同期よりは9.9%増長したことが分かった。

 国家統計局のスポークスマンによると、国民経済総合統計司司長は、今日の午前にワンシーズンの経済増長が10.2%、増長速度は去年と比べ0.3%加快し、確かにその速度を感じる。しかしこのように1つの増長速度は依然として中国の経済の潜在する、増加の区間以内にあって、まだ基本が正常だ、ただ潜在する増加の区間にある上限だけ、注意を引き起こさなければならなくて、事実上、すでに私達の注意をも引き起こした。

 鄭京平は国務院報道弁公室の開催する記者会見の上で今年ワンシーズンの国民経済の運行状況を紹介した。彼は、改革開放27年来、中国GDPの平均の増長速度は9.6%で、3年近く、2003年~2005年で中国GDP平均の増長速度は10%だと表している。四半期のデータから見て、2003年のワンシーズン10.7%で、第4四半期は10.8%で、2004年の第1四半期にと第2四半期はすべて10.3%で、第4四半期は10.2%で、2005年の第2四半期にも10.1%まで達成して、だから今年第1四半期の10.2%と比べてみて見て、やはり1つの潜在する経済成長の区間の上限にあって、加速する程度はとても有限だ。

彼は、単にスピードを求めて、もし経済の発展速度はあまりに高いならば、経済の規則と自然の法則の懲罰を受けることができたので、歴史の上で、このような急落な起伏の経験と教訓は今依然としてありと目の前にあるようで、そのため私達は一方に追求して盲目的にスピードの傾向を互いに張合うことを防止するよう注意する。現在の経済情勢と経済の増長速度について、結論的に私達が自信がある、手段がある、経験がある、とてもよいコントロールを通して、それを適度で、安定でわりに速い増加の区間でのに維持する。この手段は経済手段、法律の手段を含んで必要な行政と関与して、私達はすべてこのような手段のがある。全般的にコントロールする方向はマクロコントロールの方向の安定している基礎を維持する上にだべきで、的確に際立った問題に対していくつか措置をとって、解決が経つ。

初歩的な計算、第1四半期、国内総生産の43313億元、同時期と比べて10.2%増大して、すぐに昨年同時期に省略する9.9%の増長速度。その中、第1次産業の増加額の3200億元、4.6%増大する;第2次産業の増加額の21615億元、12.5%増大する;第三次産業の増加額の18498億元、8.7%増大する。(中国ネットワークによって文字を生放送して整理する)

■このニュースの中国サイトはコチラ

热线财经综合 2006-04-20 15:34:53

CN News -by Yoon
[PR]
by ucj | 2006-04-21 18:20